MENU

カントンの重大な問題とは?

カントンは包茎の一種ですが、非常に厄介な問題を抱えています。そもそもカントンはペニスが通常時も勃起時も皮が被っている状態ですが、特に勃起時に亀頭が出てしまうと皮の口が狭くて締めつけられて、戻らない包茎です。絞めつけられることで亀頭に血が巡らなくなってしまうので危険です。

 

包茎手術は大きな害のない仮性包茎であれば手術を迷う人が多いのは当然です。しかし、カントンははっきり言って迷う余地はありません。絶対に手術をするべきです。

 

カントンの手術は不要な皮を切って口がきつくならないようにしますが、この技術が上野クリニックは高等レベルであると評判です。通常では手術に特殊な器具を使い、わりと簡単に手術を終えることができます。しかし、この器具を使うと術痕と元の場所がツートンカラーになってしまうので目立ってしまいます。

 

上野クリニックでは手作業で手術をし、亀頭下のカーブに合わせて切ってくれます。カントンの手術には高度なテクニックが必要なので、その点では上野クリニックがベストなのです。

 

料金も安いのが魅力!

上野クリニックでのカントン包茎の手術は他院と比べて比較的安いので人気です。もちろん、こういったものはただ安ければいいという問題ではありません。安くても技術がないと再手術をしなければならなくなり、結局倍以上の料金がかかることになります。ですので、最初からそこそこの料金でも技術が高いところを選べば結果的に安くなる、というわけです。

 

上野クリニックでのカントンの手術はナイロン糸による環状切開術であれば72000円です。吸収糸を使用した環状切開術では100000円になります。他院での手術では切開しない手術もあり、3万円台から受けられる病院もあります。他院の料金を平均すると10万円から21万円といったところです。

 

上野クリニックは3万円と比べれば高いですが、技術が高いのでむしろ安いくらいです。しかもアフターケアやカウンセリングは無料なので、お得感は半端ありません。
包茎手術は必ず、料金ではなく総合力と技術力で選ぶようにしましょう。