MENU

真性包茎は深刻な問題! すぐに治療しよう!

真性包茎は包皮の口が非常に狭いために亀頭が露出しない包茎のことです。場合によっては亀頭と包皮が癒着を起こしているために起こることもあります。平常時でさえも手でむくことすらできません。亀頭が常に包皮に覆われていることでペニスの成長が阻害され、先細りにもなります。

 

真性包茎は正常なセックスはほぼ不可能といえます。射精しても包皮が邪魔をして子宮に十分な量の精子が届かず、不妊の原因になるなど生殖行為自体への障害になるのです。ですので、早期の手術が必要です。真性包茎は泌尿器科では医療保険が適応されます。それほど治療が不可欠な状態です。極度の不衛生により陰茎癌を招く可能性すらあるのです。

 

真性包茎は日常生活と性生活に非常に大きな影響がありますので、今すぐにでも上野クリニックに相談をしましょう。

 

真性包茎を治して自信を取り戻す料金

上野クリニックでの真性包茎の手術ですが、基本料金はナイロン糸による環状切開術が72000円、ナイロン糸を吸収糸に変えると100000円となります。
上野クリニックでは通常は見た目などをさらによくすることで男の自信を取り戻してくれます。この場合にはさすがに別途料金がかかり、例えば、吸収糸の手術に亀頭直下デザイン縫合(11.5万円)や小帯形成(7.3万円)を加えると28.8万円と高額になります。

 

では、他院での切らない手術で3万円というものと比べると実に9倍以上もの料金になるわけですが、本当に上野クリニックは高いのでしょうか。
ほかのクリニックでは技術に不安が残るところも決して少なくありません。もし失敗した場合、再度上野クリニックやほかのクリニックで手術をすることになるわけですが、その際はもっと治療費がかさんできます。

 

ですので、上野クリニックのように総額がややかかってしまう場合でも、高い技術で安心して任せられることと見た目がよくなることを合わせて考えれば、決して高いとはいいきれません。